若返りの要因

若返りの要因

年齢が気になり始めるころになると、白髪があることが自分が老けて見える要因になっている、と考えがちですが、実際には髪の毛に関して言えば老けて見える要因は白髪だけではない、と思われます。たとえば髪の毛が細っている、というのも全体的なボリュームを失うので老けて見える要因になります。また髪の毛がパサパサした感じでツヤがなくなっているのも、若い人と比べるとずいぶんと老けてみることでしょう。多くの人は髪色にばかりこだわる傾向がありますが、それらの事すべてがその人を何歳ぐらいに見えるか、と言う事を決定づけているものと思われます。ですから白髪が気になり始めたら、その白髪を隠す事は確かに若返るための一つの方法ではありますが、そのためにカラーリングを繰り返してどんどん髪の毛がぱさぱさになっていくのでは、若返りの効果は少ないと思われます。ハリ、ツヤ、などもとても大切な若々しく見える要因なんですね。そのためには白髪を隠すためのカラーリングで極力髪の毛を傷めない事も考えなくてはいけないと思います。もともと加齢により髪の毛のハリやツヤは失われていくものです。その事もきちんとケアしなくてはいけませんね。逆に少しぐらい白髪が見えたとしても、まだまだつややかな髪をしている人の方が若く見えるケースもあると思います。若い頃のカラーリングを考えると、かつては女性の方が圧倒的にカラーリングを楽しんでいたように思うのですが、今では若い男性たちもカラーリングを楽しむようになりましたよね。高校生や大学生の男性でも気軽にカラーリングをしているように思います。最近では男性が美容室へ行くのもあたりまえ、と言われる時代になりましたから、そういう男性が増えてもおかしくありませんし、男性が自分をおしゃれに見せようと努力すること自体が、世の中で受け入れられるようになったのだ、と思われます。当然若いころからオシャレに興味を持っていた男性たちは自分たちが年齢を重ねていく事にも敏感になってきていると思われます。ですがここで女性との違いが現れるのは、男性の方は白髪に関しては割と寛容である、と言う事ではないでしょうか。男性が気にするのは白髪よりもむしろ薄毛です。ですから薄毛にならないようにするために、髪の毛や頭皮に過度にダメージを与えるような事はしないように気を付ける人も出てくるはずです。カラーリングも髪の毛を傷める要因の一つになりますから、白髪が出てくるころになると女性とは逆で白髪を隠すためのカラーリングをするのではなくて、カラーリングをする事をやめてしまう男性も多いような気がします。横須賀 美容院