常に「勝負」の世界である

常に「勝負」の世界である

美容師の仕事というのは、つねに「自分」と言う物が商品であり、営業マンであり、サービスを提供する立場である、と言う事で、とても厳しい仕事だ、と言えそうです。そして何よりも厳しいであろう、と察するのは、常に競争している世界である、と言う事でしょう。「美容室」と言う立場で言えば、他の美容室との競争があるでしょう。そして店内では他の美容師たちとの競争があります。誰が指名を取るか、と言う事は個人の成績に大きな影響を与えます。そしてその結果は目の前に突き付けられることになります。そしてなぜ指名がもらえなかったか、と言う事は「何が自分に足りなかったのか」「どこが相手に負けたのか」と、必ず「自分」に跳ね返ることでしょう。これが製造部門が作った製品が劣っていたのであれば、それは半分は製造部門の責任かもしれませんが、美容師はそうはいきません。すべてが「自分」である、という仕事です。そしてその成果は「売上」とか「指名」といった必ず数字で明確に洗われる結果に直結しています。自分が良いものを提供しないと、決してお客さんは指名をしてくれないし、ましてやお金を払ってはくれないのです。逆に自分がよいものを提供した時にはお客様が支持し、お金を支払ってくれる、という事が美容師として働いてくれている醍醐味になるのでしょう。調布の美容院