失敗に対する精神的ダメージ

失敗に対する精神的ダメージ

カラーリングをする時の不安、というとおそらく多くの人が「思った様なカラーにならなかったらどうしよう」と言う事だと思うんですね。どんなに綿密なカウンセリングをしたとしても、実際に発色する色と言うのはどうしてもイメージ通り、と言うわけにはいかないのが一般的です。ちょっと思っていたのとは違うなあ、と思ってもだからといって今更やり直せるわけでもなく、例えお直しのサービスがあったとしてもその時間や手間を考えると、まあこれでいいや、と自分を納得させる人が多いのではないでしょうか。そういう点と比較するとヘアカラーチョークの「失敗」というのは「だけどやり直せる!」という安心感があります。極端に言ってしまえば気に入らなければその場でシャンプーをして洗い流してしまえば元に戻ります。その分その時にしか楽しめない、その都度色を入れなくてはいけない、という事はありますが、それさえもまるでヘアアクセサリーを変えるかのように楽しんでいる人も多いのではないでしょうか。時間やお金をかけて信頼できる美容師さんにお願いして、それでも思った様な髪色にならなかった場合の精神的ダメージを考えるとヘアカラーチョークは本当に手軽に始める事が出来るカラーリングと言えるでしょう。一般的なカラーリングと比べてみるとヘアカラーチョークの使いかたはとても簡単だ、と言われています。まず一般的なカラーリングで行うブリーチと言った工程をやる必要がありません。色素を抜いたところへ新しい色素を入れる、というプロセスを行うのがヘアカラーなのですが、ヘアカラーチョークの場合は本来の髪の毛に対しては何もしないで、その髪の毛の上に新しい色を塗る、と言う感覚なんですね。ですから自分の本来の髪の毛を傷めることなく髪色を変える事が出来るんですね。簡単に言ってしまえばヘアカラーチョークはその名の通りチョークで髪の毛に色を塗ってドライヤーなどで熱を加える事でその髪色を一時的に定着させる、という方法です。こうやって言葉にしただけでもとても簡単に思えると思いますが、実際にやってみると、さらに簡単であることを実感できると思います。自宅でカラーリングをした事がある人なら、その違いに驚くと思います。また失敗した、と思った時の気分も違います。ヘアカラーだと失敗してももう取り返しがつかない、と言う緊張感がありますが、ヘアカラーチョークは、水に弱い、と言うデメリットがあり、逆にそのデメリットのおかげでシャンプーで簡単に落とす事が出来るんですね。極端に言えば気に入らなければシャンプーで落としてしまえばよい、と言う気軽さがあります。三軒茶屋 ヘアサロン