美容専門学校への求人掲載

美容専門学校への求人掲載

求人と言うのはその職を求めている人の目に一番留まりやすい方法で行う事がいちばん要領が良い方法である、と言えると思うんですね。美容師になりたい、美容師として働きたい、と思う人が一番多くいる場所、一番多く目に留まりやすい場所、というのは美容専門学校だと思うんですね。一般的な高校や大学と同じ様に学生たちに対して卒業後の進路相談をする場所と言うのが殆どの学校には設置されているものです。「キャリアセンター」などの名称で学生たちが企業の求人を自由に見る事が出来る場所です。当然美容専門学校には多くの美容室からの求人が入ってきます。最初から美容室で働きたい、と言う意思を持った人に情報を届けるには一番効率の良い場所であると言えるでしょう。ですがこの方法での求人は美容師のレベルが限定される事になります。美容専門学校を卒業した人、というのはつまり、今から美容師としての生活をスタートさせる人、と言う事になります。つまり美容師としての技術は最低ベルである、と言う事になるんですね。ですから美容室の方が即戦力となる人材を求めている場合は、美容専門学校に求人を出しても必要としている人材は集まらない可能性がほとんどです。新人を雇って長期的に育てる、というスタンスなら美容専門学校への求人提供は有効ですね。美容室を経営するうえで経費の節減を考えた時に、人件費をどう考えるか、と言う事はその美容室の経営を大きく左右する事になると思います。人件費を削る、と言う事は直接スタッフや美容師たちの給料にしわ寄せが来ることが殆どです。それはスタッフや美容師に不満を抱かせる原因となります。経営者との信頼関係が崩れてしまうのはよくありませんから、働いてもらっている以上は働きぶりに対する対価は惜しまない方が良いに決まっています。そんな中で考えるべきは採用時にかかる経費ではないでしょうか。すぐに思いつくのは求人広告の掲載費だと思います。長く掲載すればするほど、掲載費はかさみます。短期間で必要な人材を確保する事が出来ればそれが一番良いですね。そのためにはいち早く優秀な人材の目に留まるような求人広告を出す必要があります。またそれに付随して採用のために時間を裂いたためにかかる費用も有ります。面接自体にはお金はかからない事が殆どですが、多くの美容室では特に人事担当者を常駐させているわけではありませんから、経営者やオーナー、トップスタイリストなどが面接に携わることが殆どです。お店の営業時間であれば、本来その人が担当して売上を上げるお客さんの人数が減ってしまう、と言う事も考えればそれも経費だと言えるかもしれません。北生駒 まつエク