美容室へ行く間隔の間で

美容室へ行く間隔の間で

美容室と言う所は、多くの人が自分の行きつけを決めているものです。ですが中にはどうしても同じ美容室へ通い続ける事や、美容室へ行く感覚の間で自分の髪の毛に対して何かをしなくてはいけない状況になる人もいるようです。つまり一つの美容室に全てを任せきることが出来ない事もある、という事です。一番解りやすいところでは前髪カットでしょう。サイドやバックの髪の毛と言うのは少々伸びてきてもあまり気にならないものですが、前髪を降ろしている人にとっては前髪が伸びてくると目にかかってしまうのでとても気になりますし、前髪のバランスと言うのは顔全体の表情を変えてしまものですから、常にバランスよくしておきたい、という人は多いものです。ですがそのために美容室を予約して時間をとるか、というとなかなかそこまでの時間の余裕がある人も少ないですし、前髪カットだけでも500円〜1000円を支払わなくてはならない、となると、自分で切って対処する人も少なくないでしょう。前髪がサイドやバックと違って自分でカットする事が容易い、という事もあるでしょう。前髪だけは美容室へ行く感覚の間で自分でカットしている、という人は少なくないと思います。またこれ以外でも色々な理由で美容室へ行く感覚の間に自分で何かをしたり、別の美容室へ行ってみる事を俗に「浮気する」と呼んでいるようですね。美容室と言う場所は本来料金を支払って髪の毛を整えてもらう所なのですが、料金を支払っている以上お客さんは堂々としていればよいと思うんですね。次に来店するまでに自分の髪の毛をどのようにしようと、別の美容室へも行ってみたりしても、問題は無い、と思われます。ですがなぜか私達はひとつの美容室に対して自分の髪の毛を全面的に任せない事に対して、「美容師さんがどう思うだろう?」と「次に行った時に嫌な顔をされないだろうか?」と心配になってしまうものです。おそらく私達と美容師との関係は思っている以上に近いものとして設定されていると思うんですね。一度担当美容師になってもらったり、指名したりすると、次回からも自分の専属の美容師となることが当たり前になっています。自分が今回どんな事をしたか、という事はカルテに記録され、その記録と違っている状況で来店すれば間で何かしたのだな、という事がバレてしまう可能性が高いですし、その事に対してお客さんは「申し訳ない」と思ってしまうものです。特にお客さんの方はなぜかかなり美容師に対して気をまわしてしまう様です。別の美容室へいってみる事を「浮気」と呼んでいますが、そもそも「浮気」という事はそれまでが美容師とお客さんが密な関係である、という事が前提となっている事になりますね。町田駅 求人 美容院 業務委託