美容室で働くための試験

美容室で働くための試験

美容専門学校を卒業しただけでは美容師とは言えないのと同じで、美容師の免許を取得するための国家試験に合格しただけでは、美容師として働くことはできません。自分が働く場所としての美容室や美容師を必要としている会社などに就職しなくては美容師になった、とは言えないかもしれません。一般的には働く場所として美容室を選ぶものですが、その際にも採用試験があるのがほとんどです。採用試験はその美容室がその内容を決めるものなので、国家試験とは違って一律の対策をしておけばよい、と言う物ではありません。筆記試験がある所も有れば面接試験や実技だけで採用されるところもあるかもしれません。国家試験は一定以上の点数をとれば美容師免許を取得する事ができますが、採用試験はそうはいきません。たとえば一人しか採用しない美容室の採用試験に5人が応募したとしたら一番成績の良かった人しかその美容室で働くことはできないのです。そしてその中には単純に成績や技術だけではなく本人の人間性や適性も審査の対象となります。面接であれば受け答えや表情、美容師としてのセンスなども問われます。本来自分が持っているものをいかに発揮できるか、と言う事が大きなカギとなることも多いものです。美容師免許を取得する事よりも、採用試験の方が難しい、と言う事もあるかもしれませんね。美容師と言う職業のイメージはどんなイメージでしょうか?多くの人が華やかでおしゃれな世界で明るく働いている姿を想像し、プライベートも恐らく充実しているのだろう、と思ってしまうでしょうけれども、美容師と言う職業は、その仕事ぶりも私生活も世間が思っているよりも華やかなものではなく、それ以前に美容師になるための生活はそれは大変なものである、といえるでしょう。美容専門学校入学して学ぶ人が殆どです。ですから学生生活と言うのは確かに楽しいかもしれませんが、最終的に国家試験を受ける段階になると、とにかく勉強や練習に追われる日々を送ることになります。もしも不合格であった場合にはまた一年勉強して受け直さなくてはいけません。そしてもっと大変なのはたとえ無事に免許を取得して、就職先となる美容室が決まったとしても、いきなりお客さんの髪を切ることはできません。その美容室においてアシスタント、と言うポジションから始まって雑用をしながられんしゅうを重ね、先輩美容師に認められなければ一人前の美容師としてお客さんの前に立つことはできないのです。多くの若い美容師たちは、その段階で辞めてしまう、と言われています。せっかく一生懸命に勉強して免許を取得したにもかからわらずどうして辞めてしまうのか、と他の業界の人は思うかもしれませんが、それだけ一人前になる事は大変な様です。美容室 ヘアサロン 大島 カット カラー パーマ おすすめ 人気