履歴書の顔写真

履歴書の顔写真

美容師として、働きたい美容室を探す時には求人情報誌やインターネットなどを使って探す人が多いと思います。そして気になる美容室を見つけたらその美容室に対して応募をする事になります。最近では応募の方法も色々な方法があるようですが、やはり履歴書を提出しなくてはいけない、と言う事は、あまり変わっていないようです。時には履歴書も電子化しているケースもあるようですが、顔写真と言うのはいずれにしても用意するのが普通です。美容師が求人応募のための顔写真を添付する時には、その写真は一般企業などに提出する写真とは少し違う注意事項があると思います。一般的には履歴書の写真と言うのはきちんとスーツを着用し、髪型もリクルートスタイルが望ましいとされていますし、カラーの場合には髪色が茶髪や金髪というのは多くの場合NGとされています。写真の表情も真顔、または少し微笑んだ感じの写真にする人が多いと思いますが、美容師となるとそのような真面目さや型にはまった人材を求められているケースはあまり無いようです。逆にちょっと自分の個性をアピールする事が出来るような人、お客様に好感をもたれる笑顔をしている人、髪色もいかに自分を素敵にアピールする事が出来る髪色であるか、等と言う事の方が問われる様です。ただ写真の質に関しての基準は一般企業と同じでしょう。美容室の求人に応募する時には、他の業かいとは違って、面接や履歴書が主な選考内容になることが多いような気がします。学歴とか資格とか言ったものはそんなに重視されないように思われます。専門学校にしても、どこの専門学校を卒業しているか、と言う事はさほど問われる事は無いでしょう。それよりもきちんと国家試験に合格しているか、と言う事の方が重要です。そしてその人がどの様な人物であるか、と言う事の方が美容師として働いていくうえでは大切なのです。まずは一人前になるまでのアシスタント、という立場に耐える事が出来るだけの精神力や体力が必要となります。そしてその期間を耐える事が出来るかどうか、と言う事はその人がどれだけ固い決意で美容師になりたい、と思っているか、と言う事にかかってくると思います。そしてその気持ちを採用試験に表わすチャンスがあるのが履歴書の志望動機欄と面接でしょう。どうして美容師を目指したのか、そのためにどのような努力をして来たのか、そしてどうしてこの美容室で働きたいと考えたのか、と言う事をきちんと自分のことばで表現できなくてはいけません。たとえば待遇面で満足出来たから、というような答えでは誰にでもかける答えで熱意を感じられないものになってしまいます。清澄白河で人気の美容院