落ちやすく取れにくい

落ちやすく取れにくい

ヘアカラーチョークの取り扱いとして難しいところは、水分や湿気で髪の毛からは色落ちしてしまいやすい、と言う事があるのですがそれにともなって、髪の毛以外の所に付着してしまう、と言う事があります。落ちやすいのだから服や肌についてもすぐに落ちるのでしょう?と思うかもしれませんが、これが厄介な事に衣服などについてしまうとかなり取れにくいのです。一番注意が必要となるのは、自分で自宅でヘアカラーチョークをする場合です。周囲に色がついては困るようなものがあるのであれば、その部分を新聞紙などで覆ってから使う事が望ましいでしょう。これはカラーリングをする時にも同じことですから、そういう点においてはヘアカラーチョークはカラーリング同様慎重に取り扱わなくてはいけないもの、と言う事になるでしょう。また使用してからも注意が必要となります。たとえばヘアカラーチョークを使用して外出して汗をかいて帰ってきた時に、疲れたからと言っていきなり布団に寝転がる様な事をすると、布団に色が映ってしまうような事も考えられます。疲れて帰宅した上にそういうトラブルになってしまうのはとても残念ですよね。あらかじめヘアカラーチョークを使用するとそういう事が起こり得ると言う事を知っておかなくてはいけませんね。ヘアカラーチョークが水に弱い、と聞くとすぐに「雨の日は使わない方が良いんだな」と言う考えになると思います。もちろんそれも気を付けなくてはいけない事ですが、思っている以上にヘアカラーチョークは水に弱いです。ですから実際に水にぬれるだけではなく、湿気にも弱い、と言えます。そう考えると湿度の高い日本ではヘアカラーチョークを使うには気を付けなくてはいけない時期が多い、と言う事になるでしょう。例えば梅雨時の湿度は実は雨に濡れたのと同じぐらいヘアカラーチョークは落ちやすい状況になっていると考えられます。もちろん雨にあたったのとは違うのであまり髪の毛を触らなければすべて落ちてしまう事は無いかもしれませんが、例えば誰かとぶつかったりどこかの壁にもたれかかったりというだけでも色落ちしてしまう可能性があります。人ごみも要注意です。自分の髪の毛の色が落ちてしまうだけなら良いのですが、他の人との接触によって他の人の衣服や肌に落ちた色がついてしまったりするのは迷惑をかけてしまう事になりますよね。ヘアカラーチョークを使うかどうか、と言う事は、意外と季節、天気、場所、人の多さなどに気を遣わなくてはいけない事だ、と言う事も知って置く必要があると思いますね。美容院 矢場町 ヘアセット 縮毛矯正 おすすめ 口コミ 予約