求められている美容師はどのような美容師か

求められている美容師はどのような美容師か

求人情報誌などで美容師として働くための職場を探している時、一番の頼りにする文字は「美容師募集」と言う文字だと思います。ですがこの美容師募集、という言葉は、良く考えてみるとあまりにも漠然としています。求人情報誌であまり大きなスペースを使っていない美容室の求人内容では「美容師募集」「委細面談」などぐらいの情報しか得る事が出来ないケースも良くあります。美容師募集、と書かれているし、確かに自分は美容師免許を持っている、でも、この美容室はいったいどのような美容師を募集しているのだろうか?新人でも良いのだろうか?経験年数が問われるのだろうか?など聞いてみたくなることがたくさん出てくると思います。一口に「美容師」といっても、個人の差はとても大きいものです。例えば自分が美容室へ行ってどの美容師を指名しようか、と考えた時に必要となる美容師像と言うのが浮かぶと思います。当然新人よりもベテランの方が信頼できる気がしますし、女性美容師が良いか男性美容師が良いか、と言う事も人それぞれです。つまり美容師、というのは、年齢、性差、経験などで色々な美容師がいる、と言う事になります。そして当然美容室が求人を出す場合には、「その美容師が必要としている美容師像」というのがあるはずです。自分がそれに当てはまっているか、と言う事を確認しなくてはいけませんね。美容師として働きたい、と思っている人なら「アシスタント」というのがどのような立場の美容師なのか、と言う事はご存知だと思います。アシスタントとは一般的に「美容師免許は取得したけれども、まだお客さんの髪を切るほどの経験がない」というレベルの美容師のことを言います。実は「これがアシスタント」と言う明確な基準が法令などで定められている訳ではなく、その美容室によって「アシスタントとして扱うのはこういう人」という基準がある物と思われます。ですから求人情報などで「アシスタント募集」と書かれていた場合には、欲しいアシスタントがどのようなアシスタントなのか、と言う事は確認したいところです。アシスタントを募集している、と言う事はすぐにお客さんの髪を切ることが出来て美容室の売り上げに貢献できる美容師を求めている、と言う事ではなさそうです。ですが「とにかく美容師のフォローをする仕事をしてくれる人が欲しい」と言う時にも「アシスタント募集」と言うかもしれませんし、「この美容室でいちから経験を積んで一人前の美容師を目指しませんか」と言う意味でアシスタントを募集している所もあるかもしれません。この違いはそこではたらくアシスタントとしては大きな違いがあります。まずはアシスタントから初めていずれは一人前に、と思っているのであればそのように育ててくれる美容室を探さなくてはいけません。奈良にある美容院