モチベーションの維持

モチベーションの維持

美容師になるために必要なのは、一般的には美容専門学校を卒業する事、もしくは一定期間美容業界で働いた経験がある事、などの国家試験を受験するための条件を満たすことをしなくてはいけませんし、そのあとで国家試験をクリアして美容師免許を取得しなくてはいけません。さらに働くための美容室を探さなくてはいけませんし、もっと言えば一人前の美容師としてお客さんの髪の毛をカットする事が出来るようになるまでには、就職してから長い人では一年以上かかる、と言われています。そこで思いついたのですが、それだけの長い間「美容師になりたい」というモチベーションを維持し続ける事はとても大変な事なのではないか、と言う事です。一般的な会社員の人たちの中で、その職に就こうと長年思い続けていた人というのはどのぐらいいるでしょうか。おそらく多くの人たちが興味のある学部の大学をめざし、そこでその勉強をする、と言う進路をたどるのだと思いますが、その間に将来はどこで働くか、もしくは何になるか、と言う事を思い続けていた人はどのぐらいいるでしょうか。おそらく専門学校と言う道を選んが人に比べるとかなり少ないと思われます。また途中で考えを変えたり、進路変更する事も大学生なら可能ですが、専門学校生では難しいと思われます。美容師になる、と一口で言ってもその道はとても厳しいと言われています。美容師の免許を取得するための国家試験が難しいのは勿論ですが、その後美容室などに就職して、実際に美容室で充実した働きぶりをしている人、というのはかなり少ない、と言われています。それは美容室に就職してからのアシスタント時代、というのがかなり辛いから、とも言われています。せっかく美容師免許を取得したにもかかわらず、雑用や先輩美容師のフォロー、ただ立って先輩の技術を傍らで見るだけ、など、とても美容師として働いているとは言えないような毎日が当分続く様ですから無理も有りません。またお店によってはその間の給料と言うのは、同学年で別の業界で働いている人と比べるとかなり低いケースが多く、「やってられない」と感じて辞めてしまうアシスタントはとても多いのです。では逆にそこでくじけない人と言うのはどういう人か、というと、おそらくとにかく「美容師として働きたい」と言う強い意志を学生時代から持っていた人が多いのではないでしょうか。美容専門学校に入る時に「美容師にでもなるか」とか「他にやりたい事が無いから」といった気持ちで美容専門学校を選択した人はアシスタントまでにはなれたとしても、それ以上にはなれない人が多いのではないでしょうか。ヘアカタログ