過度な若返りは逆効果

過度な若返りは逆効果

男性にとっても女性にとっても実年齢よりも老けてみられる、というのはとても残念ですから、なんとか少しでも若く見られたい、という気持は良く解りますよね。ですが過度に若作りをするのは周囲から見るとその人の本来の魅力を半減させてしまっているケースもあると思います。例えば白髪がきになるから、といって黒染めにする人もいますが、あまりにも実年齢とかけ離れた黒々とした髪の毛は滑稽に見える事も有ります。特に男性は白髪があったとしても、それがかえってその人の魅力となるケースもよくあります。女性であっても品の良い白髪の人、と言うのも魅力的に見えます。白髪を隠そうとするのではなく、白髪を生かしたうえで若く見えるような努力をする、というぐらいの感覚の方が良いのではないか、と思う事も有ります。たとえば白髪が多い女性が品の良いパープル系に染めているのはとても素敵です。なにも黒くして若い頃に無理やり戻すだけが若く見せる方法ではない、と思うんですね。そもそもヘアスタイルは確かにその人の外見を左右するものですが、姿勢よく歩くとか、素敵な笑顔を絶やさない、と言った事も若く見せるとても大切な要素だと思うんですね。その人の内面が若々しければ少々白髪があったとしても若々しく見えるものだ、と思われます。多くの女性たちは、自分の髪の毛に一本でも白髪が見えるととても残念に思うでしょうし、何とか隠したい、と思うのが普通でしょう。白髪があることがおいてしまった自分を見せつけられている様でとても嫌な気持ちにさせるんですよね。ですが男性にとっての白髪というのは女性が気にするほどではないような気がします。もちろん若白髪と言われる人のように学生のころから白髪がある、と言う人は悩みとなったに違いありませんが、年齢相応の男性の白髪というのは逆に貫録があるように見えたり「渋い」と評価されたりする所がありますよね。俗にいう「ロマンスグレー」というのは白髪があるにもかかわらず男性に対する褒め言葉になっていると思うんですね。男性の中には自分が白髪交じりの頭になったことを情けなく思う人もいるかもしれませんが、女性からみて白髪のある男性と言うのは、人によってはとても大人の魅力を感じさせるケースもよくありますよね。もちろんボサボサの髪に白髪が混じっている、というのでは魅力的には見えないかもしれませんが、きちんと整えられた髪の毛に年齢相当の白髪が混じっているのは、決してカッコ悪いとか老いぼれている、と言ったイメージにはならないと思います。ですから男性の場合はむやみに白髪を染めて黒々をした髪色にする必要はないような気がしますね。美容院 ヘアサロン 渋谷 カラー トリートメント おすすめ クーポン