重圧

重圧

重圧

 

美容師の仕事のなかでアシスタント時代の雑用やシャンプー、練習の日々が一番つらい、と思っている人が多いかもしれませんが、たとえスタイリストデビューできたとしても「仕事が辛い」と感じる美容師はおおいようです。それはお客さんをキレイにしてあげなくてはならない、という責任に対する重圧です。どのお客さんも美容室へ来る目的は「キレイになる事」です。そんなにヘアスタイルにはこだわらない、と言うお客さんであってもお店に来る前とお店を出る時では前よりも良くなっている事を望んでいるに違いありません。そしてその「キレイにしてあげなくてはならない」と言うプレッシャーにさらなる重圧をかけるのが、その作業はけっしてやり直しがきかない、ぶっつけ本番である、と言う事なんですね。一番怖いのが「切り過ぎる」と言う事でしょう。殆どのお客さんは思っていたより短くなったことを喜びません。むしろ落胆したり、文句を言ったりするものです。ですからこの「切り過ぎる」と言う事はけっしてやってはいけない事なのですが、新人のうちなら「もう少しキレイにそろえよう」と思って少しづつ切っていくうちに短くなってしまった、と言うケースもあるのかもしれません。美容師の仕事はお客さんに喜んでもらう事が遣り甲斐になるのに、この失敗をする事で自信を無くす人は多いようです。

 

お客さんが怖くなる

 

美容師の仕事、というのはお客さんの方は美容師を選ぶことはできても、美容師の方がお客さんを選ぶことは殆ど出来ません。どんなお客さんに対しても笑顔で誠実にそして確かにお客さんの希望するヘアスタイルを作ることをも求められます。ですがお客さんも色々な人がいます。少々のことがあってもいつも笑顔でいてくれるお客さんばかりではありません。いわゆる「口の悪いお客さん」もいるでしょうし、最悪な場合にはいわゆる「クレーマー」と呼ばれるような人もいます。上手く作ってあげたつもりでも満足してくれないばかりか「ヘタだ」「センスが悪い」などと美容師を傷つけるような言葉を発するお客さんも時にはいるものです。そんなに言われた通りにしても何かしら文句を言うようなお客さんもいますが、それでも美容師がお客さんに対して言い返すような事をするのはお店的には許されていません。そしていかなるお客さんであったとしても、どんな事情があったとしても、お客さんを満足させることが出来ないスタッフに対して、お店が良い評価をすることはないのが普通です。明らかにクレーマーであるようなお客さんに対してスタッフをかばってくれるかどうかは、経営者の考えかたにもよると思うのですが、いずれにしてもお客さんを逃してしまうような事になればお店の損失になるのは避けられません。こういった事が美容師を追い詰めてしまう様です。

 

Pick up site !!

 

篠崎で美容師の中途での転職
美容師 転職 中途 篠崎

 

中途の業務委託の求人は表参道で美容師の
美容師 業務委託 中途 求人 表参道

 

横浜で中途の求人は業務委託の美容師
美容師 業務委託 中途 求人 横浜