印象の良さ

印象の良さ

最近では就職試験のための面接対策本などが販売されていたり、動画でノウハウを紹介していたり、と、いわゆる就職活動や面接のお手本が多く出回っている様な気がします。ですからほとんどの人が就職活動において採用担当者の人とのやりとりがきちんとできるのです。採用担当者側から見たら「とてもよく練習して来たのだな」と言う事を感じてしまうんですね。ですがそれはその人が一時的に頑張って身に付けた技である、と言えるでしょう。美容師と言う仕事はある程度「資質」のようなものが必要だと思われます。心からの笑顔、振舞いの感じの良さ、身に付けているもののセンス、など数日で身に付くものではないようなものが必要になるんですね。そのようなものはどうやって身に付けるか、というとある程度は「どう育ったか」と言う事が関係してくると思いますし、一番大きいのは「美容師になりたい」と心底思っていたらそういう事が必要であることをきちんと意識しながらこれまで生活して来たか、と言う事だと思うんですね。つまりどれほど真剣に美容師になりたい、と思っていたか、と言う事が美容師に必要なものを取り入れる力となるのだと思います。美容師はいくらハサミを扱う技術が優れていても、人と接する仕事であることを忘れてはいけない仕事ですからね。美容室に採用してもらうための面接は、就職試験の中でも大きな割合を占めると思うんですね。時には選考には面接しかない、と言う美容室も多い事でしょう。面接と言うのはいろいろなパターンがあり、その美容室がどのような面接方法を取り入れているのか、と言う事を事前に知っておくことは対策を立てるにあたってとても重要だと思います。ですが事前にどのような面接なのか、と聞くことも難しいですし、応募人数などによって急きょ変更される事も有ると思われます。一番面接を受ける時に焦ってしまうのは「予想外の事が起きる」と言う事態が発生した時ではないでしょうか。個人面接だと思っていたのに集団面接だった、一対一の面接だと思っていたのに、面接担当の人が思いのほか多かった、質問に答えればよい、と思っていたのに、自分の事を多く語らなくてはいけない内容だった、など、自分が用意していたことがまるで役に立たないような面接だと解った時には、誰もがとても焦ってしまって、上手くいくはずの事も上手くいかなくなってしまいますね。ですがそういう事は実は美容師として働き始めてからも、なんども起こり得ることなんですね。急な事態にいかに機転を利かせて対応できるか、それも美容師の資質の一つとなり、面接ではそういう事も見られている、と言う事になるのではないでしょうか。高田馬場 美容院