意外と難しい取扱い

意外と難しい取扱い

ヘアカラーチョークの印象として、カラーリングよりははるかに取り扱いが楽で、とても簡単に髪色を変えて楽しむ事が出来る、という印象を持つ人が多いと思います。ですがこれを自分でやるとなったら、案外取り扱いが難しい、と言う事に気付く人も多いと思います。まずは他のもの、例えば衣服とか家具、マットなどについてしまったら大変なのできちんと深部ウを敷いたり、何かで覆ったり、付いても大丈夫な様な服に着替えたり、という準備が必要になります。この時点でヘアカラーで髪を染めるのと同じぐらいの準備時間が必要、と言う事になります。ですから例えば朝の出勤前の忙しい時間に、今日はちょっと髪色を変えていこう、と思って使用するようなものではないかもしれません。また使っている最中も色が落ちないように注意すべき点が多くあります。水分に関して触れない様に注意しなくてはいけませんし、出来るだけ髪を手で触らないようにした方が良いですね。帽子なども被らない方が良いかもしれません。そういう事を考えると思い切ってヘアカラーで染めた方がその後は気を遣わなくて済むじゃないか、と思う人もいるかもしれません。ですから一度染めたらその色で過ごしたいのだ、と思う人はきちんとカラーリングした方が良い、と言う事になるかもしれません。ヘアカラーチョークを使った時の印象として、その部分の髪の毛がパサついて見えたり粉を拭いている様な感じにみえてしまうことがあります。チョークと言うだけあってヘアカラーチョークは粉っぽいものなんですね。染料ではなくて着色料なので、どうしても髪の毛に何かを塗っていると言う感じに見えます。それもしっとりしたものではなくて粉っぽいものを塗っているのだな、と言う事が一目瞭然である場合があります。つまり本来の髪のツヤとか潤いなどと言うものがなくなってしまっているように見えます。人によっては髪が相当傷んでいるの?と言う印象になってしまう事もあるようです。対策としてはヘアカラーチョークをした上からヘアスプレーなどを振ると、少しはツヤがあるように見える、という説もあるようです。ですからそういう風に見られてしまう、と言う事も解ったうえで使用するの方が良いですね。ただヘアカラーチョークのメリットとして本来の髪の毛の健康を失うことなく着色剤を塗布している訳ですから、ヘアカラーチョークを落としてしまえば自分の持っている髪の毛の本来の艶やハリを見せる事が可能です。そこがヘアカラーチョークの最大のメリットなんですね。一日だけ羽目を外して髪色を変えて楽しむ、そういう使いかたなのかもしれませんね。美容院 桜新町 トリートメント 縮毛矯正 おすすめ 安い 口コミ