ヘアカラーは若返りのメニュー

ヘアカラーは若返りのメニュー

今や日本ではヘアカラーと言うのはごく一般的な美容室メニューとなり、ヘアカラーをしている人を特別視するような事はなくなりましたね。特に女性たちがヘアカラーをするというのはひとつには「若く見られたい」という理由がある空の様なんですよね。若い頃にはただ「イメチェンをしたり」「外国人の様な明るい髪色になってみたい」という願望だけだったと思うのですが、年齢を重ねてくると髪色をキレイに染める事で若く見られる、というヘアカラーの最大のメリットの恩恵を受けたい、と考える女性が多くみられるようになります。白髪染めもヘアカラーの一つですから、白髪が気になり始めた女性たちの中には、なんとかヘアカラーで白髪を見せない様にして、いつまでも若々しく見られたい、と言う気持ちがあるんですよね。良く言われていますが40代、50代になるとカラーリングをしているのと、そうではないのとでは5歳の差があるように見える、と言う事です。誰にでも当てはまることではないかもしれませんが、ヘアカラーをしている人はたとえ白髪が少なかったとしても黒髪の人よりも若く見られる、と言う事があるようです。おそらくヘアカラーを取り入れている、と言う事がそれだけオシャレをしようとしている、と言う気持ちが感じられるからかもしれませんね。若く見られたい、と言う願望は特に女性ならば誰にでもあると思います。ですが少し前に良く言われたいた「美魔女」などの方々の美しさ、というのは賛否両論があると思いませんか?美魔女とはいわゆる実年齢からは考えられないぐらいにキレイで若々しく見える人の事ですが、あまりにもかけ離れて見える場合にはその美しさがいかにも「作り物」のように見えたり、無理をしている、滑稽に見える、といったような意見も少なからずあります。やはり年齢相応の美しさが良い、と言う人も案外多いものです。少しぐらいの白髪がある、小じわがある、だけれどもどこかした品があってキレに見える、と言う女性こそが魅力的、と評価する人もいますよね。ですが年齢相応、というのは見る側からしたら評価している事になるのですが、見られる側としたら一歳でも若く見られた方が嬉しいものですよね。そこでちょうど良い若返りを目指すならば「−5歳」である、と言う事が良く言われています。肌にしてもヘアスタイルにしても5歳ぐらい若く見られるのがちょうど良いのです。ヘアスタイルにしても「どう考えても白髪が一本もないのはおかしい」と思われるような年齢なのに、黒々とした髪色をしている、というのは逆に痛々しい感じに見られたりするものですよね。八潮 美容室