出入り禁止

出入り禁止

美容室においては、どんなお客さんでも大切にする、と言う事が基本的な考えかも知れませんが、それでも美容室に損益をもたらすようなお客さんであれば、出入り禁止にする可能性もあります。おそらく多くの美容室ではお客さんを出入り禁止にするかどうか、という判断基準を設けていると思います。例えば直前のキャンセルを連続で何回したら、とか言った具合です。そして「このお客さんは危ないぞ、怪しいぞ」という情報はスタッフ同士で共有しているものです。ですからたいていの美容室では予約の電話を入れる時には、希望の日時よりもまず先に名前や館員番号などを確認されますよね。その人に対してどのように対応するか、と言うマニュアルが出来ていれば、そのマニュアルに沿って迷惑行為をするお客さんに対しての予約を丁重に断ることができます。そしてその時に「どうして自分が?」と怒るお客さんに対しても、きちんとその美容室の規則である、と言う事を説明する事ができます。もちろん出入り禁止になるようなお客さんと言うのは、そんなにたくさんいるものではありませんし、マニュアルにおいての出入り禁止の基準もそんなに低いものではありません。常識を持っている人であるならば、出入り禁止になるような事はまずありませんよね。本来美容室側が「このお客さんは良いお客さん、この人はちょっと困ったお客さん」と位置付けてしまうのは良くない事ではあるのですが、もちろん様々なお客さんが出入りする美容室においては、美容室を困らせるようなお客さんが存在する事も事実です。また逆にお客さんの方が「私ってこの美容室にとってはちょっと厄介なお客さんなのではないか?」と疑心暗鬼になっているケースも有ります。特に多いのがそもそも自分の髪の毛などにコンプレックスを持っているお客さんです。酷いくせ毛であるとか髪の毛の量が人よりも多い、といったお客さんです。本当は美容室において「美容師さんに対して申し訳ない」と言うような気持は一切必要ないはずです。なぜなら美容師は髪の毛のプロであり、お客さんが困っているならば必ずやその悩みに寄り添って出来るだけ解決する事こそが美容師の役目だからです。ですがどうしてもコンプレックスから申し訳なさそうにするお客さんがいます。そしてそのようなお客さんの多くは美容師の何気無い一言でさらに落ち込んだりもしているのです。「髪の毛多いですね」「こんなに髪の毛が落ちていますよ」「このクセ毛は大変でしょう?」といった美容師にとっては何気ない一言や逆に励ましのつもりで発した一言がお客さんに「申し訳ない」と言った気持ちを抱かせる原因となることもあるようです。大宮駅 ヘアサロン 美容院 縮毛矯正 予約 クーポン 人気